完売御礼車査定
完売御礼車査定
ホーム > T-UP > 車を横流しで利益を出している俺の叔父

車を横流しで利益を出している俺の叔父

俺の叔父は自営業です。車の板金塗装が生業なのですが、最近の車は板金修復するよりパーツ交換がメインとなり、板金塗装の職人仕事が減ってきて困ったと嘆いております。

 

そんな叔父が始めた新たな仕事が車の転売

 

もともと叔父は古物商の免許があり(警察とかが家に来ていろいろ調査されるあの免許)車はもとより中古品の横流し業者にも詳しのです。

 

そんな叔父より依頼があり、「誰か車ほしい人いたら俺に言ってくれとのこと」

 

つまり安く提供できるよ。だから俺を車ほしい人に紹介してくれってことなのです。

 

叔父は今現在仲間の伝手やインターネットのヤフー広告、ヤフーオークションで1か月で5台ほどコンスタントに中古車を売っていますが、これは仕入れた車を、欲しいユーザーさんに売るという、まさに横流しのビジネスなんです。

 

利益を出すコツは、安く仕入れること。

 

ちなみに20年ほど前の車で10万キロ弱の車だったら、まだまだ乗れる車です。日本車は強いんです。でもそんな古い車は買取価値はありません。

 

それをただ同然で仕入れて、5万程度の価格を付けて売ります。安いんで若い世代が練習用に買うんだそうです。

 

車は5万でも登録費用、車検とか含めて20万円で売っているそうです。この価格だと、まだ走る程度のいい車を格安で買えるということでなかなか引き合いがあるんだそうです。

 

といいながらうちも子供の練習として20万円ぽっきりで車を買ってあげました。

 

もちろん子供が自分でお金を出して買いました。

 

安くていい買い物しました!こうやって利益を出しているんですね。

 

1台で大体10万ほどの利益。一か月5台として50万の利益。いいですね。独立できるほどの金額でしょう。もっと売ればもっと儲かりますよ。